読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神獣マスターをめざして

神獣よ、わたしは還ってきた!

よくやりそうなミス

てふてふ~

昨日プレイしたのに更新できなかったチロルです

ちょっとリアルの方でいろいろあったんで…

さてさて、今回はバジルさんからコメント頂いたよくやりそうなミスですね

まず一番やることがCP計算を間違えてCPを余らせたり、足りなかったりですね

●対策は練習あるのみ

対策でもなんでもないかもしれないですがこれが何よりも大切だと思います

プレイヤーの行動できる時間は1分と非常に短く、瞬時に状況を分析して最適な行動をしなければなりません

そのためCPの計算を焦ってしまい間違えることがあります

もしくは、悠長に計算していて残り時間内でやりたかったことができなかったとなったりもします

なので、まずは回数をこなして瞬時に計算をできるようになることが大切だと思います

これはなにもCP計算だけのことではなくて、ジョーカーゲージの貯まる速度や相手のデッキを予測して何が出てきそうかなどなどたくさんのことに繋がってきます

●CP計算にオススメの色

ただ数をこなせだけで丸投げなのはよくないので自分が始めた頃で、CP計算をしやすかった色と簡単なデッキを紹介したいと思います

赤を絡めた色がBP計算だったりCP計算をするのでオススメです

とりあえず1.0EXまでカードプールで組んでみました

f:id:yuuta1315:20150827232048j:image

扱い方は赤で攻めて緑で守るのシンプルなデッキです

リリムやべリアル、アーマーブレイクで焼いてBPとCPを計算

黄色が見えたらジャッジや呪縛、行動権消費を警戒して竜巻分のCPを残す

あとは並べて不可侵や英剣抱えて上から殴っていくスタイルです

カードが増えればブロウやレイニー、チェインや早打ちなんかを採用して焼きに重点を置くか、エナドレや潜在解放、武器破壊などでBP勝負に持ち込むかなど自分にあったスタイルの基盤になってくるデッキではないかと思います

それともうひとつ

f:id:yuuta1315:20150827232122j:image

追い風毘沙門を採用した黄色になります

こっちはハッパやビートルをむやみやたらに出さずに、追い風と毘沙門を揃えてからの展開を意識するデッキです

序盤から飛ばしていかずにカイムやライマル、ルインガーディアンで守りを固めて、中盤から終盤にアリエやジャンプー、九尾タイタンジャッジで打点を稼ぎ、だめ押しの毘沙門連打って流れが一番の理想です

あくまで理想なんで、途中でここで追い風毘沙門をしないと負けるって時には迷わずしましょう

例えば、ジャッジ打たれたらライフが0だとか盤面負けしている状況なんかですかね


あくまで今紹介したレシピは1.0EXの無料分で作れる構築なんで、相手のカードプールが充実しているランク帯だとかなり厳しい戦いになると思います

そこから先は自分の財布の中身と相談してからカード購入やトレードでアレンジしていきましょう


●アイコンテキストについて

不屈と呪縛と沈黙と攻撃禁止や防御禁止についてあげたいと思います

○不屈+呪縛

不屈は自分のターン終了時に行動権が回復します

このアイコンがついているユニットはアタックしないと損です

仮に行動権を消費しても相手ターン開始時には行動権が回復してブロックできる状態になるからです

ただし、例外はあります

BP勝負で相手のユニットを越えられないだとか、青相手に攻めてレベルを上げられてハデスやムーンセイバーで破壊されてしまうかもしれない時などです

前者の場合は諦めてアタックしなかったりパンプを抱えてアタックしたりすればなんとかなります

後者の場合は最低でも1体はlv.1のユニットを確保しておけば全滅は回避できるので、不屈ユニットをアタッカーとしてガンガン攻めていきましょう

呪縛はターン開始時に行動権を回復させません

そのため行動権を消費したユニットにつけられるとただの置物になってしまい自分のユニットスペースを圧迫してしまいます

対策としてはカウンタークロック持ちでlv.3のオーバークロック効果で行動権を回復したり、土下座や竜巻なんかで行動権を回復させたりしましょう

最悪の場合はシステムユニットを除いて撤退させるのも仕方ないですね

で、ここからが本題になるのですが相手の呪縛のついた不屈ユニット群の行動権をジャッジ等で行動権を消費させた場合についてです

この場合は相手のターン開始時には行動権は回復しないのでアタックをされる心配はありません

が、不屈効果によってターン終了時に行動権が回復するのでブロッカーとして使われて、もし自分のターンで処理できなかった場合はそのままアタッカーとしてまた使われてしまいますので注意しましょう

○攻撃禁止、防御禁止、沈黙

これらのアイコンがついてしまうとアタックやブロックをできません

ですが、このユニットを進化ユニットにした場合はアイコンは消えてアタックやブロックができるようになります

あまり見る機会はないと思うのですがあと1点で勝てるのにスピード違反でアタックできないってなった場合には進化をすれば最後の1点をとることができます

これは他のアイコン効果にも適用されるので覚えておいて損はないと思います

ですが、今例にあげたスピード違反で攻撃禁止された場合にもアタックできるユニットがいます

それが沈黙付きのユニットです

沈黙はあらゆる効果をなくす効果です

それは新しく追加された効果にも適応されるので、忍者が密偵で次元干渉をつけたとしても沈黙の効果でブロックされてしまったり、武蔵で侍に貫通や不屈等をつけたとしてもたんなるBPの高いユニットになってしまいます

他にもウイルスは本来戦闘に参加することができませんが沈黙をつければ2ターンだけですが戦闘に参加することができたり、呪縛付きのユニットがターン開始時に行動権を回復したりします

相手の攻めを妨害したり、妨害していたはずが沈黙をつけたせいで相手の攻めを再開させたりとよくも悪くも作用する効果です



だらだらと長くなってしまうので今回はこのくらいで

ほかにも書きたいネタはあるのでそれはまた次回にしたいと思います

それでは、てふてふ~