読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神獣マスターをめざして

神獣よ、わたしは還ってきた!

新しいデッキは発見がいっぱい

てふてふ~

神獣追加まで神獣を握る勇気がでないチロルです

最近順調に盛れてるのでこのままの勢いを失いたくないんですよ

でも、新しいデッキは試してみたいのでいつもの黄タッチシヴァで負けたのを機会に試してみました

レシピはこちら

f:id:yuuta1315:20151006224309j:image

Sまでの型も作ってはみたのですがデッキパワーが安定しなかったのでこの型になりました

新カードのシャドウメイジが思っていたよりも使い勝手がよくて嬉しい発見でした

●マリガン基準

先攻 カンナ>とりあえず展開できるもの+トリトリor選ばれし者
後攻 イシュタル>ジェスタークロー>展開(ry

先攻時はなにがなんでもカンナです

仮にテイアーがいたとしてもゴルクラと揃うまで出さないようにしましょう

テイアー・ゴルクラは互いに1枚なのでコンボ成立で打点に繋がるまでは手札温存

後攻は3コスト6000ユニットは豊富なのですが、イシュタル以外は用意に出せるカードではないので注意が必要です

●ユニット

○シヴァ

どこからでもでてくる虹色ユニット

本当にこいつを見ない試合はないですね…

○カンナ

先攻初手カンナはいつまでたっても有効ですね

仮に除去られたりユグドラを返されたとしても相手のハンドを使わせたと思えば十分仕事はできてます

○ダークプリースト

相手の人身御供やライズ後でカードを回収したり選ばれし者からの回収が主な役割です

どうしようもない手札の場合以外では重ねることをオススメできないカードですので運用は慎重に

選ばれし者でいた場合はよほどのことがない限り優先して選択しましょう

○奇術師

シャドウメイジの弾やトリガーからの圧縮が主な役割

個々のテキストを重視して展開するよりもシャドウメイジに繋げられる動かし方がベストではないかと思います

特に後半だとシャドウメイジを展開しても4CP以上余る場合が多いのでチャンプアタックしてlv.3を増やしてイザナミの打点か、スルーでの打点かの択を相手に迫ることができます

○イシュタル

後攻初手基準で、イザナミ不在の場合でもシャドウメイジや挑発で相手ユニットの除去に繋いでくれます

除去タイミングが相手ターン開始時なので挑発からの展開でも相手のペースを崩してくれます


このデッキのポイントゲッターですね

不用意に重ねて相手に警戒されないように注意しないといけないので難しいカードではあります

逆を言えばこいつ見せてしまうと相手はlv.3を撤退せざる終えなくなるのでプレッシャーだけでもユニットの数を減らしてくれます

○シャドウメイジ

イシュタルやイザナミに繋げるための重要カードです

このデッキの奇術師は豊富なので効果発動に困ることはあまりないと思われます

それと、シヴァが出てきた時にもOC効果を妨害することができるので横に並べた時でも被害を押さえる事ができます

●トリガー

○選ばれし者

今さら感の強いカードなので省略します

○奇術師トリガー

ドロー効果をメインで使いましょう

バウンス効果は狙ってできる機会が少ないので気にする必要はないかと思います

●インセプ

○挑発

イシュタルやイザナミに繋げれる状況になるまで不用意にトリガーにセットしたり暴発させたりはしないようにしましょう

○トリトリ

カイムやヴァルゴを採用できる枠がないのでトリトリから選ばれし者に繋いでいきましょう

最低でも奇術師トリガーを引けるので最低限の圧縮効果は期待できます

●ジョーカー

最初はワンハンも候補にあったのですがデッキ圧縮の為に3CPよりも冥札でカード再利用の方がデッキ内容にあっているかと思い、冥札を採用しています

●感想

かなりの手応えを感じましたね

コンボ要素の多いデッキなのですが、速効性を要求されるものは少ないです

なので序盤はあまり無理をせずに中盤から終盤に向けての相手にプレッシャーをかけていく動きが重要になってきます

それとダークプリーストで消滅回収だったり、イザナミ効果で相手のインセプ発動時のユニット回収や冥札からのカード回収能力に優れたデッキになってます

そのため比較的OCユニットを作りやすいです



明日もこのデッキかいつもの黄シヴァでJ1に向けてコツコツAPを増やしてこうと思います

それでは今回はこのくらいで、てふてふ~