読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神獣マスターをめざして

神獣よ、わたしは還ってきた!

モノは試しに

てふてふ~

今まで大嫌いだった″OC珍獣″を使ってみたチロルです

アレンジを加えてパワーダウンしたものの扱いには問題なかったのではないかなと思います

f:id:yuuta1315:20160212004313j:image

ほぼテンプレですが4pt枠で″静かな夜″を採用してかなりおかしな感じでした…

発動する機会はそこそこあったのですがしたところでどうなのって感じでしたし…

  • なぜつかってみたか
理由は使ったことのないやつが何かを言ったところで的はずれなことを言ってしまっているのではないかと思ったからです

昨日の記事は″アンチ珍獣″でしたが″珍獣″を未プレイだったのでほぼ空論状態でした

なので実際に使ってそこから打開策をと思ったんですよ

で、なにが相手にしていてきついかってと…

【加護】ユニット+″ミューズ″

この組み合わせを打開するすべが″KP″くらいしかなかったこと

一応″ツクヨミ″もありますが″小リーナ″しか進化元がいないので容易に進化ができなくて手札で腐っていました…

″OC小リーナ″ができていればツクヨミもなんとか出せますがそんな状況そうそうないってことですよ

なので【加護】ユニット+″ミューズ″の組み合わせは″珍獣″対策にかなり有効ですよ

″スルト″

このユニットもまた厄介でした…

【加護】ユニット+″ミューズ″に比べれば処理手段は豊富にあるのですが即処理をしないとこちらの盤面が毎ターンほぼ更地にされてしまうこと

″珍獣″デッキの守りの役割は役割の終わった″サーチ珍獣″にありますがそれはみなBP1000で″スルト″アタック時の効果で文字通り「焼きつくしてあげる」できれいに焼かれます

なので壁がなくてライフをゴリゴリ削られてしまいます

これは″スルト″だけに限らず″マーヤ″″ファンガスガール″にも言えます

が、″スルト″はそれだけでなく【消滅効果耐性】もあるので″人身御供″や″ライズアンドシャイン″で処理ができません

これが″マーヤ″などとは違って容易に処理できずにジリジリとやられてしまう要因になってました

ほかにも″人身御供″からの″ダークプリースト″や″ハンデス″などありますが何より辛かったのが上記の2つの状況でした




で、最終的な結論が珍獣なんて二度と握らないでした

理由は単純に自分のプレイスタイルに合ってないから

勝てるのは勝てますがやってて面白くない

面白さがなにをやるにも大切だと思うので二度と握らないの結論になりました

それでは今回はこのくらいで、てふてふ~