読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神獣マスターをめざして

神獣よ、わたしは還ってきた!

久方ぶりの

てふてふ~

約2週間ぶりくらいに勝率5割のチロルです

やっと、やっとですよ!負けこさなくて1日をおえれるのは

今回使ったのはこのデッキ


f:id:yuuta1315:20150813005740j:image

以前に対戦相手が使ってた青緑ハンデスを自分なりにアレンジしてAにまでしたかたちです

先行  ヒュプノ&タウロス>ラミア>ヒュプノ
後攻  ミューズ>コルフェ>キッド>軽減ユグドラ

先行はヒュプノからの次のターンタウロスを狙うかラミアで妥協するかですね

後攻は相手のキャラによって選択なんですが、基本的にミューズで大丈夫だとおもいます

基本的に3コスがメインになってきますので展開力はかなり弱いです

一度更地にされてしまうとその後のリカバリーが大変なのであまり無理をした展開をせずに序盤はゆっくりじわじわと相手の嫌がるユニットを展開していきましょう

特に注意して使わなくてはいけないのがコルフェですかね

このデッキの全体効果破壊が望めるのはコルフェだけなんで、展開タイミングと破壊する時の相手の場をよく把握した上で使わないと終盤にここぞって時に対処ができないってなる確率がたかいです

それとシザードールが地味にいい仕事をしてくれます

アリ珍獣なんかは引いてきた追い風をトリガーに差す傾向があるので、トリガーと手札破壊で早い段階でのアリアンからの展開を崩すことができます

それとピン挿しにはなりますがハンデス対策の祝杯ですね

今までこの手のハンデスデッキを握ったらハンデスに当たる傾向が高かったので投入してます

今日も対戦の6割はハンデス系統のデッキだったので腐ることは余りなかったです

例え腐っても魔法石のかわりで尚且つデッキ圧縮力のある亡霊をよぶ街で処理すれば問題ないです

あとはヒュプノからのハンデスで、ハンド差をつけつつ被ったユニットはオーバーライドで最終的にはオーバークロックさせてスピム要素で打点にしていく感じですかね

あとは…特に気をつけた動きらしいことは意識してないですかね

ヴィシュヌブラフマーなんかに余裕があればそれらを採用した別の型もできそうですね

自分は枚数足りてないんで採用してないのですがw



最近ずっとハンデス系統のデッキしか握ってないのには理由があって、珍獣対策なのはもちろんなんですが赤緑のヴィシュヌや挑発イザナミなんかを意識したら自然とハンデスになったんですよね

赤の焼き関連のユニット(ブブとか)は基本BPの高いユニットや低くても横に並べれば対処できます

黄色は驚異となりうるのが個人的に毘沙門くらいしか思いつかないんで、それもプレイングや業を踏ませさえすれば対処可能です

ただ、突然出てくるヴィシュヌイザナミ、こいつらに対しての明確な対策ってないように感じるんですよね

例えばヴィシュヌ、焼きと違って基本BPをダウンさせるんで出たときにある程度の仕事は終えてます

アタック時のダウンはたしかに強力ですが、殴る前にヴィシュヌを処理、あるいはパンプで無理やり突破すればいいと考えれば厄介なのは登場時効果くらいだと思います

あ、あと秩序の盾もか

次にイザナミは、こいつ単体で出てくることはまずないんでその前のワンクッション絶対に挟んできます

代表的なのが挑発ですかね

ただ、挑発は白トリガーなんでどうしても何も情報がない段階で的確によむことは難しいと思います

で、自分なりに考えた結果ヴィシュヌは出てくる前に潰す、イザナミも挑発かあるいはイザナミを潰す

それができるのがハンデスって結論になったんで今にいたります

ほんとは神獣とか使いたいんですけどね…

いかんせんヴィシュヌでほぼ詰んでしまうんですよね



ってな感じでハンデス使って今まで燃えたぶんを回収しつつ上を目指していきます

それでは、次回もまた『フェアにいこう‼』